けものフレンズ第1話「さばんなちほー」を見たのでその感想②!食べものについて。ネタバレ注意

そういえば、まだサーバルちゃんとかばんちゃんの食事シーンがでてきてないですけど、二人は食事をするのでしょうか?二人は何をたべるのでしょう。草食系なら何か食べても絵として問題ないと思います。でも肉食系の動物はどうなるのでしょう。そもそも、「食べる」ということはこの世界にあるのでしょうか。

かばんちゃんはサーバルちゃんに「食べないでくださーい!」といっていました。かばんちゃんは「サーバルちゃんは肉を食べる」というように考えていたということですよね。少し、ギャグっぽく描写されていますけど、かばんちゃんはそう考えていたんでしょうね、たぶん。

一方のサーバルちゃんは「食べないよ!」と返していました。ですから、ジャパリパークの世界にも「食べる」ということはあるんでしょうね。

サーバルちゃんは、相手が人間だから食べないのでしょうか。それとも、相手がもっと別の生き物だったらサーバルちゃんは食べてしまっていたのでしょうか?

よく分かりません。

もっとも、サーバルちゃんがガチ捕食してしまったらドン引きしちゃいます。きっと、優しく、マイルドな設定になっているはずです。そうじゃなかったら、けものフレンズの世界観が壊れてしまいます。

弱肉強食、という感じのアニメではなさそうですから。なんか、カリカリとかたべるんでしょうかね?リアルではやっぱり肉を食べるみたいですね。 猫だし。

一応二人とも、水は飲むのですね。おっいしー!

時間的にはどうなっているんでしょうね。かばんちゃんが初めてサーバルちゃんと遭遇して、それから一話が終わる時、つまりこれからじゃんぐるちほーに行くよ、というところまで、どれくらい時間が経っているんでしょう。時間経過によっては何か食べないとお腹減っちゃう、ということになってしまうかもしれません。

二人が何かを食べる時が来るのをたのしみにしております。


前の記事 次の記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。