けものフレンズ第4話「さばくちほー」感想②。ツチノコちゃん頭よくてすごい。セルリアンから逃げる。ネタバレ注意

なんだか荘厳なところに来てしまいました。かばんちゃん、サーバルちゃんの2人が奥へ進むと急に扉が閉まって真っ暗になってしまいます。照明がつき、明るくなります。電気の明かりですね。そして二人の後ろには・・・新しいフレンズです。

叫び声をあげて逃げてしまいます。かばんちゃんもサーバルちゃんも驚いて走ります。そこにスピーカーからアナウンスが流れます。

「ようこそ地下迷宮へ、君は無事に出口までたどり着けるかな」

この声は、1話のラッキービーストの女性の声でしょうか?この施設はアトラクションの遺物でそのアナウンスが流れている、とか、そういう感じでしょうか?かばんちゃんは怖がり、その後ろで謎のフレンズが叫びます。

「そこ閉めたのか!このやろー!」

叫んでいるのはツチノコちゃんでした。ドアを止めていたツチノコちゃんの下駄をサーバルちゃんが蹴飛ばして扉が閉まってしまった、そのことに対してでしょうか、怒っています。

出口へ向かうというツチノコちゃんに、かばんちゃんとサーバルちゃんはついていきます。

ツチノコちゃんは鼻がきくようで、出口の方向も匂いでわかります。セルリアンの匂いもわかるといいます。しかも、赤外線でセルリアンも丸見えとのこと。すごいです。

引きの画面になって、3人は迷路にいるということがわかりました。やっぱりアトラクションのようですね。非常口は溶岩で塞がれていて出られません。別の出口を探しますが、セルリアンと遭遇してしまいます。セルリアンは青いものなのかと思っていたら、今度のセルリアンは赤い色をしています。しかも複数います。1話「さばんなちほー」ぶりの登場ですね。

逃げながら、ツチノコちゃんの指示がとびます。「橋の右端を走れ!」そのように3人は橋を渡りますが、セルリアンたちは橋の真ん中を追いかけてきます。重みで橋が崩れ、セルリアンたちは真っ逆さま。なんという頭脳プレー。ツチノコちゃんは一味違います。

つづく


前の記事 次の記事


 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。