けものフレンズ第4話「さばくちほー」感想③ 。徐々に明らかになる衝撃の設定。例の異変とは・・・ネタバレ注意

難を逃れるとツチノコちゃんは何かを拾います。ジャパリコインです。興奮したツチノコちゃんの独り言。「ジャパリパークで使われていた通貨で、今のジャパリまんのようにいろんなものと・・・」ここまで話すと、ツチノコちゃんは赤面して柱の陰に隠れてしまいます。


一行は出口までたどりつけました。しかし、溶岩がふさいでいて通れません。

困っているとかばんちゃんがなにかに気づきます。非常口のマークです。マークのあるところをかばんちゃんが強く押します。すると壁が回転、壁は回転扉になっていました。隠し通路を見つけることができました。

その先には光が見えます。外に出ることができました。外は溶岩と砂や雑草で覆われ、朽ちていますが、庭園のようになっています。

「やっぱりここは人を楽しませるためにわざわざつくられたんだー!」ツチノコちゃんが叫びます。興奮しながらつづけます。「たぶん正式に使われる前に例の異変が起きて、だから地図には載っていなかったんだろう」

サーバルちゃんは地図を知らなかったのに、ツチノコちゃんは地図を知っています。それにしても例の異変とは・・・?


そこに、ボスがやってきます。「アトラクションが始まっちゃったから出口に迎えに来たよ」この庭園のような場所は地下迷宮というアトラクションの出口みたいですね。

と、ラッキービーストの目が光り、また、別の声で話し始めます。「いよいよ新アトラクション地下迷宮のスタートです。動物やフレンズと一緒に迷路で遊べる、ふれあい巨大アトラクションです。楽しんでもらえるといいんですが。では皆さんと会えるのを楽しみにしています。」


アトラクションを抜けて、カバンちゃん、サーバルちゃんはツチノコちゃんと別れました。二人を見送りながらツチノコちゃんがつぶやきます。

「あいつ、絶滅していなかったのか ・・・」

バスにのり、二人はさばくちほーを抜けて湖のほうへむかって行きます。


ED


前話に引き続き、カバンちゃんを二人のフレンズが追跡しています。アライさんと白いフレンズ。 ジャガーちゃんに言われるまま、二人は高山へ向かっていきます

つづく


前の記事 次の記事


 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。