けものフレンズ第4話「さばくちほー」感想④ 。考察班になろう!かばんちゃんは日本人?ジャパリパークは日本にあった?ネタバレ注意

4話でいろいろわかってきましたね。


①「アトラクション新迷宮」は正式に使われるようになる前に、「例の異変」というものが起こった。結果、地図には載らなくなった。

②カバンちゃんの種族は絶滅したと思われるほどに個体数がへっている。

③「人」という種族が存在する(した?)。


地図に載っていない施設

カバンちゃんの種族(人?)が激減する事件(=例の異変)が起こったから、地図を更新する者がいなくなった。
だから、「アトラクション新迷宮」が記載されている「地図」は現在存在していない、と、いうことでしょうか?


「人」の存在

「人」という言葉がでてきたのは、物語で初めてではないでしょうか。「人」は存在する(した?)んですね。

そしてツチノコちゃんは絶滅したものとして、「人」を知っていた


見知った非常口マーク

今回は視聴者がよく知っている、非常口のマークが登場しました。

日本の非常口マークと酷似しているのは、これは意図的と考えていいのですよね?でなければ、ここまで同じデザインにはしないはずで、もう少しずらすのではないでしょうか?わざと、酷似させてるんですよね?

その非常口マークの下の壁を押して、通路を見つけるわけですが、かばんちゃんはこのマークが出口につながっていると知っていたということですよね?

そうであるなら、かばんちゃんは日本人だったということになるのでしょうか?けものフレンズの世界には、日本が存在したということになるんでしょうか

ジャパリパーク、という名称もジャパンっぽいです。もしかして、ジャパリパークはかつて日本だった場所にあるとか、そういうことなんでしょうかね?まあ、サファリパークやジュラシックパークとかからも着想を得ていそうですが・・・

うーん、でもEDの廃墟はアメリカですしねえ、やっぱり日本ですとか、現実にリンクしてくる可能性は・・・うーん・・・というところでしょうか。


「動物」や「フレンズ」

ラッキービーストは女性の声のアナウンスで、「動物やフレンズと一緒に迷路で遊べる・・・」といっていました。動物とフレンズを分けていました。

とすると、フレンズとは別に普通の動物が劇中にいるのかもしれません。同じものを並列してはなしてるだけかもしれませんが・・・注目ポイントです。


ツチノコちゃんの驚き

カバンちゃんが非常口に気づいて回転扉を発見したシーン。ツチノコちゃんの反応は不思議です。

ツチノコちゃんはカバンちゃんの頭のよさ、気づきのよさに驚きます。でも、ツチノコちゃんは「人」を知っていました。

「人」を知っているのなら、「人」の頭がいいことにどうしてツチノコちゃんは驚くのでしょう

そこまでツチノコちゃんは「人」をしらなかった、ということでしょうか。それとも、そのその場面でかばんちゃんが「人」だと気づいて、それで驚いたということでしょうか。


セルリアン

セルリアンの正体はまだまだわかりませんね。

ラッキービーストのアナウンスの「動物やフレンズ」と分けていましたが、その「動物」ってセルリアンのことだったりしますかね?

いや、どうだろう。それはさすがにないかな。


物語の目的

視聴者とツチノコちゃんの目線では、「かばんちゃんは何の動物なのか」という当初の目的は達成されました。

かばんちゃんがそれを知るのはいつになるのでしょう。


前の記事 次の記事


 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。