けものフレンズ第6話「へいげん」感想③。ライオン陣営VSヘラジカ陣営。かばんちゃんをみつめるハシビロコウちゃん。ネタバレ注意

「この合戦って何で始まったの?」サーバルちゃんがヘラジカちゃんの部下のみなさんにききます。「最初は遊びだったけど、あまり勝てなくて、仲間の二人すら倒せない、二人は組んで戦うのがうまい、考えてる」。一方のヘラジカ陣営の戦い方は突撃あるのみ。他に、強いのは誰かなどと聞いたりします。

気づくと、またハシビロコウちゃんがかばんちゃんをじっと見つめています。怖い。


いよいよ合戦が始まります。

アラビアオリックスちゃんとオーロックスちゃんの2名が立ちはだかります。

一方、ヘラジカ陣営はアルマジロちゃん、シロサイちゃん、ヤマアラシちゃん、ハシビロコウちゃんです。双方対峙します。

あれ?ライオンちゃんと話していたときは、「来週合戦なんだ」といっていました。もう合戦が始まりそうですが、これは、その「来週」に起こっているのでしょうか?

ともかく、合戦が始まりました。両陣営、のぼりを投げ捨て、立ち合います。

のぼりについては次の次の記事で考察します。


ヘラジカちゃんとかばんちゃんはふたりで茂みの中を進行します。「かばんの作戦は完璧だ」ヘラジカちゃんは自信を見せます、果たして。


アラビアオリックスちゃんとオーロックスちゃんが突撃していきます。相手はシロサイちゃんとアルマジロちゃん。しかし、攻撃せず、守りに徹しています。ライオン陣営の攻撃をふせぎます。

「私達、守りに回るとこんなに頑丈だったのか・・・」アルマジロちゃんは自分で自分に驚きます。

ライオン陣営がたじろいでいると、茂みのなかでヘラジカちゃん?の角が動いています。二人はヘラジカちゃんに狙いをつけます。


一方、本物のヘラジカちゃんとかばんちゃんはライオンちゃんの城壁までたどり着きました。アルマジロちゃんたちは囮だったんですね。

中に入ろうとすると、透明になっていたカメレオンちゃんが姿を現します。斥候として場内を調べていたのでした。3人で場内に潜入します。


門の前をツキノワグマちゃんがうろついています。やり過ごそうとしますが、ヘラジカちゃんが名乗りを上げ、みつかってしまいます。

カメレオンちゃんはかばんちゃんとヘラジカちゃんを逃がし、1人で食い止めてくれます。

透明になってまきびしをまき、ツキノワグマちゃんの風船を割ることができました。しかし、自分にもマキビシが当たって風船が割れてしまいます。

つづく

前の記事 次の記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。