けものフレンズ第1話から第11話までみた感想、考察②。最終回でフレンズ達は駆けつけるか?ネタバレ注意

前の記事


最終回で今までのフレンズたちが助けに来るのか?

ネット界隈では、今まで登場したフレンズたちが最終回に駆けつけてくれる、という熱い展開を希望されている方々がそれなりにいるようです。

希望というだけではなく、そのようになると考えている方もいらっしゃるようです。

ラッキービーストの目が虹色に光ったのは、「各フレンズを呼び寄せているためだ」という方もいらっしゃいます。

それが正しいのかどうかは、はっきり言ってわかりません。

その可能性もあります。

では、どうなるのか?

最終回で今までのフレンズは登場するのか?

もちろん予想の範疇をでないのですが、そうなるかも・・・?と思っています。

理由は2つです。

  1. アライさんとフェネックは、他のフレンズが近づかないようにする係だから
  2. ヒグマちゃんが何者かを発見しているから

他のフレンズが近づかないようにする係

11話でかばんちゃんは黒いセルリアンを倒すために作戦を提案しました。そして、アライさんとフェネックにはこのような指示をしていました。

かばん「セルリアンを無事誘導できたら、僕とラッキーさんで船を動かします。アライさんとフェネックさんは、フレンズさんが近づかないように誘導をお願いします。」

しかし、現場にいるフレンズはサーバル、アライさん、フェネック、ヒグマ、キンシコウ、リカオン(もしかしたらかばんちゃんも)だけです。

ハンター達が無駄にセルリアンに近づいて作戦の邪魔をするとは思えませんし、そうすると、アライさんとフェネックは仕事がありません。現場にはいない別のフレンズが登場しない限り

しかし、OPのシルエットになっていたフレンズ達はみんな登場してしまいましたし、公式HPのキャストも既に全員登場しています。

と、すると、最終話で新たにフレンズが登場する、ということはなさそうなのです。

それでいて、最終話でアライさんとフェネックが働くには、つまり、フレンズが船に近づかないように誘導する役割」をするには、今までのフレンズが登場するしかないのです。

ヒグマちゃんが何者かを発見している

11話で、サーバルちゃんが黒いセルリアンに取り込まれてしまったあと、バスはもう使えませんでした。そのため、作戦通りにヒグマちゃんの紙束に火をつけて、その火で船まで誘導することにしました。

その時、ヒグマちゃんは何者かを目撃しています。

ヒグマちゃんがラッキービーストを抱えます。

ヒグマ「いくぞ!」

一気にヒグマちゃんは走っていきます。

ヒグマ「追い付かれないように距離を・・・!あっ!あいつは・・・!」

ヒグマちゃんは誰を発見したのでしょう。

ようするに、何が言いたいかというと、ヒグマちゃんがみたのは「今までに登場したフレンズなのではないか?」ということです。

正直なところ、この理由付けは弱いです。ヒグマちゃんが何者かを、または何かを目撃したことは確かです。しかし、それが「フレンズを目撃した」に直接つながるわけではないからです。


そうすると、1番目の理由がメインの理由となるでしょうか。今までの話をまとめるとこうです。

今までのフレンズは最終回に登場するかもしれません。なぜなら、そうしないとアライさんとフェネックの仕事がないからです。それに、フレンズが駆けつけてきたのをヒグマちゃんが目撃した可能性もあるからです。

うーん


続きます。

前の記事 次の記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。