ラッキービーストのレンズ、その正体③ネタバレ注意

前の記事

ラッキービーストのレンズ、その正体①


前回、前々回の記事ではラッキービーストのレンズそしてラッキービースト自体をよく知るための記事を書きました。

企画段階のラッキービーストをみてみたり、アプリ版に登場した、ラッキービーストによく似た3人のビーストを検討してきました。

今回はその3人のビーストの検討を続けます

引き続き3人のビーストを検討する。

ナカベチホーまできたところで3人のビーストたちが何かを始めます。

ミライ「……をしているのでしょうか?」

イエネコ「サーバルとセーバルのモノマネしてるのかな?……離れ離れになったお互いが、いろんな苦難を乗り越えてもう一度出会う、そんなストーリーみたいだね。」

再会」ですね。けものフレンズにはいくつも「再会」が登場します。

  • 尾崎サーバル「どんな子なんだろうね、今どの辺にいるんだろう。」(第9話「ゆきやまちほー」)
  • ミライさん&野中サーバルコンビ、かばんちゃん&尾崎サーバルコンビの関係
  • 野中サーバルとセーバルの関係
  • 尾崎サーバルと野中サーバルの関係
  • 「ぼくのフレンド」の歌詞
  • カコ博士とミライさんの関係
  • 女王「我々 セルリアンは 保存し 再現する 永遠に」

アプリ版、マンガ版に親しんでいた視聴者からすれば、アニメ版を視聴できること自体が「また会えたね」ということでもあります。


さて、このビースト達の劇ですが、メインストーリーでの黒いセルリアンたちの行動と似てはいます。

しかし、女王も黒いセルリアンも中身が空っぽのような感じだったようです。

(黒いセルリアンたちを見て)

野中サーバル「指示されたような動きはするんだけど、中身は空っぽのような・・・」

 

(女王の繰り返されるセリフを聞いて)

ミライ「ゴコクチホーで黒いセルリアンがマーゲイさんの台本にそって海賊ごっこをしていました……でもあれは、セルリアン達が自身の意志で行っていることではなかった……。ただ、収集した情報を再生していただけこのセルリアンの女王も同じ

(…)

だ…だから………これは……”セルリアン“そのもの……!」


一方、3人のビースト達が劇を演じたときは、このセルリアン特有の空っぽさがありませんでした

夢の中での話になりますが、野中サーバルを誘拐したときの3人のビーストを見ればよくわかります。

そもそも、この3人のビーストは着ぐるみです。

ミライ「あれは……ジャパリパークのマスコット人形を模した着ぐるみです!?」

 

着ぐるみというのは、言うまでもなく、もとは中身が空っぽの存在です(現在は違いますが)。

そしてもともとが空っぽであったのはセーバルも同じです。そして、セーバルだけが3人のビーストの言葉を理解できるのです。

セーバルをみたコノハ博士はこういいます。

コノハ博士「セルリアンともアニマルガールとも違う……実に興味深いです。」

博士はこのようにセーバルを評価します。しかし、この評価は3人のビーストにも当てはまることです

続きます。


ラッキービーストのレンズ、その正体①

前の記事 次の記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。